04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

かりぷりーず  のんびりテディベア作家の日々是好日

心意気テディベア作家の のんびり日記です。

嬉しい誤算だった実生ホロンベンセ 

こんにちは。
まとめて写真を撮ったので連日アップに挑戦です。

さて。
今回はまたまたパキポディウムの実生です。
8月の10日頃だったかに蒔いたホロンベンセです。
24粒蒔きました。

これは100均のプラ鉢2個に12粒ずつ蒔きました。

一番下に鉢底用の軽石を入れて、次に多肉の土を数センチの厚さで入れて
一番上に3センチくらい、種蒔き挿し木用の軽くて細かい土を入れて
種の細い方を下に向けて軽く挿してみつつ、潅水。
ずっと用土が乾かないようにしながら明るい日陰に置きます。
発芽するまでは下5ミリくらい水張っておきました。

時期も良かったのでしょう、発芽は100%でした。わーい。
うち3つが大きく育たなかったんですが・・・

今までの実生を参考に、3分の1落ちる前提での種蒔きだったので、
まさかのほぼ全員成長中で嬉しい誤算。
ぎゅうぎゅうです;

鉢A
2014実生ホロンベンセA1027

鉢B
2014実生ホロンベンセB1027


これもまた可愛らしく根元が太くなってるもの、細長いもの、個性的になりつつあります。
この辺のがお気に入りです。

2014実生ホロンベンセアップ1027

グラキリスと違ってまだ幹が青々してますねえ。
暖かくなったら植え替えなくては♪
どうか全員無事に寒いの乗り切って下さい(-人-)

どうにもパキポディウムの実生がやめられそうにない気がします。
楽しすぎる・・・。



よろしかったらポチッとお願いいたします〜。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

Posted on 2014/10/29 Wed. 00:10 [edit]

category: パキポディウム

TB: 0    CM: 0

29

面白くなって来た実生グラキリス 

ごぶさたしています。
クマの方は一段落し、来年に向けて準備中です。
来年は今年よりもう少し沢山活動出来そうです。
思うところもあるので、いろいろとがんばろ〜と思います。



さて、そんなこんなで、今年の7月に播種したグラキリスが
これまた面白い形になって来ているのでちょっとご紹介。
小さくても寒くなると横に育って来るんですね。
・・・あたりまえか。


キュッと綺麗な円錐だったり(枝がちょっと細いのが気になるけど)

2014実生グラキリス細葉1027


子葉の辺りの不具合が転じておもろいことになっていたり

2014実生グラキリスツボ型1027

ああ。
何だか面白くなって来て、グラキリスを毎年しつこく蒔いてみたい衝動に駆られてます。
毎年10粒くらいずつ蒔いてみようかなー。へへへ〜。


我が家の実生っ子含め、夏型多肉の冬支度は、

1)実生1〜2年目のちびっ子達は寒くなって葉が変色する前に
朝晩肌寒いかな〜と感じる頃には室内に入れてしまう。

2)大きいのは葉の変色(紅葉)が始まる頃に室内に。
変色を始めると、それが「寝ます!」の合図のようで
その後はどんどん葉っぱを落とし始めますね。


冬を無事に越えて、また来年しっかり育ちますように!

Posted on 2014/10/27 Mon. 22:07 [edit]

category: パキポディウム

TB: 0    CM: 0

27

2014年播種 パキポディウム グラキリス 

こんにちは。
今回は多肉の話です。

夏の主役、パキポディウムやアデニウムの種まきをせっせとしている今日この頃。
7月上旬に蒔いた種が順調に育っています。
今年の関東の容赦ない暑さと雨の降らない乾燥具合のせいか
実生っこ以外の大きいパキポディウム達も順調です。

追記:
乾くの早いので晴れた日はほぼ毎夕、水やりしています。
状態にもよると思いますが結構水好きだと思います。
乾燥気味なので昼間に蒸れないという事で。はい。

7月上旬、パキポディウム グラキリスのタネを蒔きました。
尖った方から根が出るようで、尖った方を下にチョイ挿した感じに
挿し木種まき用の細かく柔い土に蒔きました。

上手く下から根が出ると子葉がそのまま開くので子葉の下の茎部分が短くて済みます。
逆になると頭を上げるために茎が逆U字型になり、その分伸びちゃうんですよねえ。
画像にも種の上下を間違ってU字になったのがいますが、
おそらく3〜4ミリ違うのではなかろうか。
頭を持ち上げる労力を生長に使えたら茎太くならんかなーとか
最近はそんな事を考えつつ蒔いてみたりしています。

・・・え?そこあんまり関係ないですか??
つい細かいとこ攻めてみましたが、細かすぎかー。(笑)
でもその後の生育にはきっと良い・・・といいな。


2014実生グラキリス
10粒中9粒発芽、そのうち2本が大きくならずに腐りました。
現在10粒中7本が育ってます。まずまずかな。
グラキリスなので比較的発芽率がいいんでしょうか。


そして発芽後1ヶ月。
今は朝から4時間程度、直射日光の当たるところに置いてあります。
結構スパルタ。(放置しておる訳ではございません)
徒長させないのと、なんだかんだ言っても日に当たってると
案外丈夫に育つんですよねえ(と思っている)。

最近、パキポの種蒔きで検索にヒットしているようなのでちょっと。
所詮シロウトの戯言なので当てにされてる方も少ないとは思うのですが、
グラキリス、小さいうちはあまり強光線に当てない方がいいみたいです。
ってとりあえず書いときたかった。
日焼けしてるとか、辛そうとか行けそうとかは個々の判断でがんばってください!
これからまた種まきの季節ですね〜。2016.4追記


2014播種グラキリス8月

よく見たら1本、とても細い葉をしたモノが出ました。
細葉のやつが一番根元の太い可愛い形をしているので、これからどう育って行くか楽しみです。
何かもっと数蒔いてみたくなって来たー(笑)

2014播種グラキリス細葉

まずはこの方々で目指せ「なんちゃって現地球」!!
イノピナツムに続きグラキリスでも挑戦です。
長くならないように育てたーい。

たまーに生長っぷりをレポートしたいと思います。

よかったらポチッとひと押しお願いします。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

Posted on 2014/08/09 Sat. 19:42 [edit]

category: パキポディウム

TB: 0    CM: 0

09

今日もパキポディウム 

こんにちは。
あっという間に7月に入ってしまいましたね。
コンベンションまでの日数を数えるのがオソロシい。
 
クマ作りも「作ってまーす」で終わってしまいそうな程の
話題の無さっぷりで・・・・。

という訳で、今日も多肉のお話です。

昨年、思い切って実生してみたパキポディウムが
一応、順調に育ってます。
そう、初めてなので一年順調に育つとどの位になるのかよく分かりません。

でも育っています。
イノピナツムと言って白い花が咲きます。
どうやら蒸し暑いのにかなり弱いようなので、

「大きいの買って枯らすくらいなら初期費用の比較的安い実生で
環境に馴染ませつつ大きくしよー!」

と言う事で蒔いてみましたー。
大きくなるのに何年かかるのかなあー;

芽が出なかったり、出ても育たなかったり、
水が足りなくなったりと幾つかのアクシデントと失敗を乗り越えて
ここまで育つまでに約三分の一になってしまいました。
割合的にはこんな感じなんでしょうか?落ちすぎ??
難しいですね、実生。

今までに一度植え替えていて、8本育ってます。
これ以上脱落しないでくれるといいなあ。

イノピ2年目


そして、先日なんか思ってたのと違う花が咲いて
お騒がせしてたデンシフロラムは咲き終わり、
その後、グラキリウスもすっかり咲き終わってしまいました。
こっちは思った通りの花だったのでほっとしてます。

グラキリウス花2014


パキポディウムの情報って思いのほか少なくて
いつも参考にさせてもらっているブログ、サイトの方々に感謝。

近々パキポ(グラキリウス)とアデニウムの種が届くので
またまた実生を楽しもうと思います。
ああ、立派になるまで何年かかるんだろう〜;;

それより何より、無事に立派になってくれるのか・・・。
がんばれパキポン!(←植物まかせ)

Posted on 2014/07/03 Thu. 04:39 [edit]

category: パキポディウム

TB: 0    CM: 0

03

パキポディウムの花が咲いた!けど・・・誰??? 

こんにちは。
今回は多肉のお話です。

暑くなりましたね。

そんな今日この頃、パキポディウムに花が咲きました。
デンシフロラムでもシバの女王の玉櫛でもなく
「シバの女王」と言う名で買ったパキポディウムです。
女王なので玉櫛よりエラそう(笑)

デンシフロラムと仮定しても、葉っぱに多少毛はあるけど
つるっとした感じもあるしちょっと細長いし・・・と
面白そうなので(更にお手頃価格だったので)買ってみたのです。
花が咲いたら更に????に。
予想してた花とちょと違う・・・(笑)
検索してみたんですがよく分からん;;

シバの女王花正面

シバの女王花斜め

シバの女王花横

今年は本家デンシフローラムが咲かなかったので、比較が出来ません。
昨年、写真に撮り忘れていたので;探したら画像がつぼみしかなかったー。
うす〜い記憶をたぐり寄せてみても、何か違うような・・・。
黄1色だったし。コレ、根元の方(中心部)が少し白いんです。

見る人が見たら普通にデンシフロラムの花なのかしらー???
ん?でもこれ、そもそも名前に「の玉櫛」が付いてなかった気がするわ。
(↑おそらく名前を省略しているだけの話だと思います)

どちらにせよ、思いのほかかわいい花だったので結果オーライです。

これからこの方、女王さまと呼んでいこうと思います;;
大きくなーれー。



【追記】

ちなみに本家と呼んでいるのは信州の西沢さんからやって来たこの方。
毛深いんです。つぼみもモケモケでした。
西沢デンシ
なので、ずっとこれ基準で見てたんですが、全てがこんな毛深いもんでもないのかな。

念のため、もう一度検索して回ってみたら
どうやら普通にデンシフローラムっぽいようですねー;;
いわゆる個体差でしょうか。

Posted on 2014/06/17 Tue. 00:25 [edit]

category: パキポディウム

TB: 0    CM: 0

17